人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「運転再開」1年はどんな感じ?

にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
↑ポチッとお願いします
にほんブログ村 病気ブログへ
↑ポチッとお願いします↑

この10月で運転の再開から1年となりました。
運転がリハビリに効果があるという事は前にも書きましたが、運転自体はどうだったのかというと・・
あくまでも自分の健常者の時との比較ですが。

●高速は平気か
意外に思われるかもですが、実は高速道路の運転の方が楽です。
車間距離と速度の把握の認知の課題はあるのですが、
注意しなければならない事柄は一般道より少なくて済む訳で、速度調整を怠らなければ楽です。
その速度調整も元々車間距離を保っているので楽と言う事になります。
病前は年間5,000キロ程度は高速走行でしたので、その感覚が残っているという事は
ありますが

●苦手を感じた部分
いくつか、以前より出来ていないと感じていたことを列記してみます

・速度のコントロール
通常は一定のアクセル開度でだいたい定速を保つのですが、
一定のアクセル開度で固定することは苦手となっていました。
要は感覚が覚えられない体なので、運転の都度、感覚をインプットしている感じでした。
また、道路の状況に応じて速度を緩めたりする事も認知が遅れ気味?で少し難があったように自覚しています。
肢の巧緻性障害や長期に運転を休んだ事などと関連しているようです。
ただ、今はコントロールは普通に出来ています。


・右折
対向車線が2車線以上の複数車線では右折の際の対向車の見極めが苦手に。
なので時として行けた筈のものが留まったりという感じです。
目の衰え、認知能力の衰えも関連していそうです。
コース選択は出来れば左折で行けるようにはしています。

・ハンドルが遅れ気味・・
右左折を問わずコースのトレースでハンドルが遅れ気味になります。
道路状況に応じた速度のコントロールが甘い目だった事との関連はありますが、主体は認知能力が犯人。
なのでコントロールが上手く行ってても、遅れ気味の傾向はあります。
今はかなり回復はしました。

・車間の維持
多少苦手になったかとも思っていましたが、公安でのテストでは、健常時のレベルのようです。
集中力の欠如によって最もこの項目が心配でしたが、ほぼ杞憂でした。

「運転再開」1年はどんな感じ?_c0392851_00421041.jpg












<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-5067174828543708" 
crossorigin="anonymous"></script>  
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
↑ポチッとお願いします↑
↑ポチッとお願いします↑
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ポチッとお願いします↑

               2021年 11月記


トラックバックURL : https://noukosoku.exblog.jp/tb/32388431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by noukosoku | 2021-11-25 05:15 | 闘病・【進捗】 | Trackback | Comments(0)

このブログは脳梗塞と神経症の闘病生活を患者目線でお届けする事と各情報を共有することで、多くの闘病生活を送る他の患者さんの情報整理・お悩み解消の一助とする事を目指し、切なる思いを託するものです。皆さんからの情報も大歓迎です。

by 脳梗塞&重症筋無力症 闘病ブログ